友人は大阪の占い師さんに観てもらいたいそうです

来月、友人と大阪へ遊びに行きます。

初日はユニバーサルスタジオジャパン。

二日目は大阪中心部をうろうろしようと。

私は行ってみたいところがあって。

田辺聖子さんの乃里子シリーズ『苺をつぶしながら』に出てくる、長崎堂へ行ってボンボンを買いたい。

お店のホームページを見ると、「クリスタルボンボン」と言うらしいのだけど、夏場はなくって、10月からは発売再開と書いてあるので、行ったときにあるといいな。あと、2階の喫茶にある「スミスさんのオルゴール」というのも聴いてみたい。

他にも、主人公・乃里子の行きつけの四つ橋『ローマ』や、こずえと行った『マルチェロ』というお店にも行ってみたいけど、調べても見当たらないので、名前が変わったのか、移転したのか、あるいは閉店してしまったのか・・・。

そんな話を友人にすると、「私は大阪の占い師さんに観てもらいたい。」だって。

友人は占いが好きで、いろんな場所で観てもらいたがる。私も、人のを聞くのはおもしろいので付き合うのはイヤじゃない。自分が観てもらうかどうかは、そのとき気が向くかどうかによる。でも、占い師さんによっては、「お友だちは外で待っていてください。」と言われることがあって、そういうときは手持ち無沙汰なんだよね。

株式会社ルーチェの助けを借ります

私が勤務している会社が、経営の立て直しを行うためにコンサルティング会社を入れることにしたそうです。

私が勤務しているのは、通販をメインに行っている会社なのですが、最近は注文も少なくなっているので、在庫が倉庫からあふれてしまっている状態になっています。

いい加減にしないと会社がつぶれてしまうのではないかという危機感を従業員が持っているところの、コンサルティング会社の導入ですから、どういう流れになるか不安です。

コンサルティング会社の名前は、株式会社ルーチェと言って、通販をメインにしている会社の立て直しを行っている会社のようです。

株式会社ルーチェのホームページを確認してみると、売れない商品をヒット商品へ変えることができるノウハウを持っているようです。

基本的には通販で販売する商品がいいものでなければいけないのですが、うちの会社は宣伝がかなりヘタなので、株式会社ルーチェが間に入ることで在庫になっている商品を全部売ることができれば、それはかなり従業員にとってもありがたいものですよね。

会社改革をするわけではないようですから、株式会社ルーチェの活躍に期待です。